×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




      西の善き魔女2−秘密の花園

作:荻原規子
イラスト:佐竹美保
中央公論社(中公文庫)
2004.12
超個人的評価:★★★★☆

自分の出生の秘密を知ったフィリエル。
彼女は何も変わっていないのに、世間は彼女の存在を見逃さなかった。
そこで彼女は自分の身を守るため、女学院トーラスへとやられることになるのだが、そこはある意味世間以上に危険な場所で……

女学園編。
私的にかなり大好きなんですが。
響き的にもね(笑)じょがくえん。
閉じた世界なのでそこでのルールに立ち向かうフィリエルが楽しい。

そして何よりもルーネットちゃんです。
ああ、もう大好き!!
ネタバレになるといけないので多くは語りませんが。
無愛想なところも、その実美少女なところも愛。
彼女の正体が気になる方は一読を!!(どんなムチャな勧めかた)

基本的に小説や漫画の中に出てくる腐女子系キャラは苦手なのですが(だってなんとも痛々しくて、自分を見ているようで切なくなるので)、アデイルは結構好きです。
この巻以降、彼女の抱えているコンプレックスだったり暗いものだったりが出てきて、どうして彼女が夢をみるのかがちゃんと納得のいくように説明されているのがすごいと思います。
そして何よりユーシス×ルーンはありだと思うよ!!(自爆)
別にだから好きというワケでもないんですけどね。

フィリエル大好きな上級生イグレインもカッコイイです。

魅力的なキャラがたくさんでてくる二巻でした。

西の善き魔女〈2〉秘密の花園 (中公文庫)西の善き魔女〈2〉秘密の花園 (中公文庫)
荻原 規子

中央公論新社 2004-12
売り上げランキング : 97148

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

+close+

検索サイトなどから来られた方はコチラから入り口へ→