×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




      西の善き魔女[〜真昼の星迷走

作:萩原規子
中央公論社(中公文庫)
2005.12
超個人的評価:★★★+☆☆

北極の塔と世界の果て、それぞれの目的地を目指して別々の道を行くことになった二人。
バードとフィーリの導きの下、数々の試練が二人に迫り来る。
ルーンはバードを殺し、フィリエルはバードを育てることに。
鎖のように絡みつく因習を断ち切ることはできるのか。
そして世界のゆく末は……
西の善き魔女、完結編。

終わっちゃった。
というのが正直な感想です。
うん。途中からSF?これはSFだったの??っていう物語の路線変更がありーの、フィリエルとルーンには進展があるようなないような絶妙な感じで(でもお前ら勝手にやってろよっていうバカップルぶり)、あのレアンドラは最後はカウンセラー状態で、アデイルとユーシスはどうなったんだーという……
まとまらないからごちゃごちゃ書いてみました。
でもアデイルとユーシスの関係が一番好きかも知れません。
葛藤があるからね。

そういえばルーンの秘密もほのめかされただけで、進展しませんでしたね。
まあ、それでいいのかもしれないけれど。

このシリーズはこれで終わりです。
個人的には5巻のティガの話が読みたいです。
お国事情とか、ルーンの過去とかも絡めてどうだろう(とかつぶやいてみる)
そのうち書いてくれないかなー。

西の善き魔女〈8〉真昼の星迷走 (中公文庫)西の善き魔女〈8〉真昼の星迷走 (中公文庫)
荻原 規子

中央公論新社 2005-12
売り上げランキング : 105536

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

+close+

検索サイトなどから来られた方はコチラから入り口へ→