×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




      銀の海金の大地7

作:氷室冴子
イラスト:飯田晴子
集英社(コバルト文庫)
1994.2
超個人的評価:★★☆☆☆

やっと7巻まで来ました。
今回のことは前回ちょこっと書いたので省略させていただきます。

しいて何か言うなら……この作品で一番好きなのは御影かもしれません。
主人公真秀の母親ですが、知能は子どもほどしかありません。
とてもとても辛い運命に翻弄されている女性で、辛い病気を患ってて。
だけど、とっても純粋で、自分の大切な人たちの幸せをいつも祈ってる。

キャラクターたちのぐるぐるした思惑とか、愛憎劇の中で彼女の純粋さは癒しだと思うよ。

銀の海 金の大地〈7〉 (コバルト文庫)銀の海 金の大地〈7〉 (コバルト文庫)

集英社 1994-02
売り上げランキング : 128376

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

+close+

検索サイトなどから来られた方はコチラから入り口へ→