×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




      人買奇談

作:椹野道流
イラスト:あかま日砂紀
講談社(ホワイトハート文庫)
1997.7
超個人的評価:★★★★☆

半精霊の少年、敏生は行き倒れ寸前の所を一人の美貌の男に救われる。
彼の名は天本森。ベストセラー作家という表の顔の他に、妖し退治を請け負う追儺師という顔を持っていた。
敏生は天本の裏の仕事の助手として事件に挑むことになる。
今回の依頼は老人ホームで起きた謎の変死事件。
そこに現れたのは人買と名乗る美しい女の妖しで……

本棚整理(いる本といらない本を仕分けして、いらない本は古本屋にうっぱらう)の為に読み始めたはずなのに、気づけば読みふけっておりました。
部屋を片付けるつもりの読書が、途中で止まっていたシリーズの続きを買いたすというまったくの逆効果に陥っております。あれれ。また部屋が狭くなってる。

この手の妖怪系のファンタジーはともすれば二番煎じ三番煎じになりやすい中で
(ほらとりあえず安倍晴明いっとく?呪文はそれっぽくいっとく?みたいな)
しっかりと調べて書いてるなーっていうとことに好感が持てます。
いや清明も出てきたけど、物語がしっかりしているから無問題。

この前に呼んでいた夏目漱石の「三四郎」からのギャップで軽く目眩を覚えました。
だって!!天本さんに対する美形描写がきらきらしいんですもの。
いやいいんだけどさ。少女小説はこれくらいきらきらしていてくれた方が夢があって。
読書の順番を間違えたような気がしないでもないけど。

この読書日記。しばらく奇談シリーズ続きます(時々違うの混ざるけど)

人買奇談 (講談社X文庫―ホワイトハート)人買奇談 (講談社X文庫―ホワイトハート)
椹野 道流 あかま 日砂紀

講談社 1997-07-04
売り上げランキング : 239248

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

+close+

検索サイトなどから来られた方はコチラから入り口へ→