×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




      遠日奇談

作:椹野道流
イラスト:あかま日砂紀
講談社(ホワイトハート文庫)
2000.8
超個人的評価:★★★-☆☆

奇談シリーズ11冊目は龍村先生中心の短編集です。
収録作品は
「石の蛤」
天本と龍村の出会い編。高校時代の二人が見えます。
「人形の恋」
学園祭の怪異編。龍村先生のバリトンの秘密がここに。人形バージョンの小一郎初登場です。
「約束の地」
修学旅行編。天本の師匠、添い寝屋河合も登場。

物語はすべて龍村の回想やら語りで構成されているため、一人称で語られます。
それがちょっと不自然だったかなと思わなくもないです。
三人称の人称部分を僕に変えただけというか、あーこの人一人称書き慣れてないなー。とか偉そうな事を考えながら読んでいました。
話が進む事に少しずつ気にはならなくなってきましたが。
物語の構成上仕方ないのかもしれないけど、いっそいつも通り三人称のままでもよかったかも。

どうでもいいけど天本と敏生の甘々(というかもはや激甘)な場面を目撃してもまったく動じない(どころかほほえましく見てしまう)龍村先生は人間ができすぎていると思います。

遠日奇談 (講談社X文庫―ホワイトハート)遠日奇談 (講談社X文庫―ホワイトハート)
椹野 道流 あかま 日砂紀

講談社 2000-08-04
売り上げランキング : 433835

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

+close+

検索サイトなどから来られた方はコチラから入り口へ→