×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




      龍泉奇談

作:椹野道流
イラスト:あかま日砂紀
講談社(ホワイトハート文庫)
1998.11
超個人的評価:★★★★☆

奇談シリーズ第6巻。

天本は本来の仕事、小説家として単身遠野へ取材旅行に向かった。
残された敏生は式神の小一郎と共に天本の帰りを待つ。
そんな時に現れたエージェントの早川。
彼は敏生に天本の取材旅行に合流し、「仕事」をするようにと告げる。
たまたま訪れていた龍村と共に遠野へと向かう敏生たちだったが……

なんだかだんだん素敵な感じに分厚くなってまいりました。奇談シリーズ。
確認してみたら308ページありました。
分厚い本は基本的に幸せそのものだと思います(そんな活字中毒症状)

さて、物語の舞台ですが、ついにやって来ました遠野。
不思議系地域の代表格(と私は勝手に思っていたり)
座敷童に龍神まで出て、スケールもいつもより大きめです。
世界の危機まで訪れております。

ネタバレしないように多くは語りませんが、うふふ。
やっぱり愛っていいよねえ(何を言い出すんだか)
ちょっと天本さん男前すぎなんですけど。

さて、ここで奇談シリーズは一旦置いておいて違うシリーズを挟みます。
今年一番オススメしたい本かもしれません。
っていうわけで待て次回!(そんなキトクな人は果たしているのだろうか_遠い目)


龍泉奇談 (講談社X文庫―ホワイトハート)龍泉奇談 (講談社X文庫―ホワイトハート)
椹野 道流 あかま 日砂紀

講談社 1998-11-05
売り上げランキング : 438759

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

+close+

検索サイトなどから来られた方はコチラから入り口へ→