×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




      雨が過ぎても

作:可南さらさ
イラスト:蔵王大志
幻冬舎(リンクスノベルズ)
2004.12
超個人的評価:★★★☆☆

この本はBL(ボーイズラブ)です。苦手な方もしくは言葉の意味がわからない方は見ない方が良いかもしれません。

高校生の高見征一郎は、小説家で多少複雑な関係の兄、聖の元に居候している。
両親を亡くし、行く当てのなかったところを拾われたのだ。
キレイな顔をしているくせに毒舌家の聖に嫌われていると思いながらも惹かれずにはいられない征一郎だったが……
二人の関係は征一郎が家を出ると告げたときに思わぬ変化を迎えて……

小説リンクスvol1,2掲載作品だってー。
超懐かしい。
この頃はよく徹夜で小説雑誌(BLその他問わず)を読んで次の日学校で居眠りをしたものです。
今でもあんまり変わってないけどあの頃みたいな無茶はできなくなったな。
月日の流れとはかくも残酷なモノです。

あれ、なんの話だっけ。
お話としては居候ものというかなんというか。
高校生×小説家の義兄。
展開も色々と王道な感じで、テキスト通りのBLっていう印象を受けました。
途中適度に盛り上がりがあって、このへんでもめて、くっついて、サービス的なシーンが何回入って……みたいな。
目新しさはないけど、安心して読めるのは確かです。

雨が過ぎても (リンクスロマンス)雨が過ぎても (リンクスロマンス)
可南 さらさ 蔵王 大志

幻冬舎コミックス 2004-12-25
売り上げランキング : 281100

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

+close+

検索サイトなどから来られた方はコチラから入り口へ→