×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




      ねじまき博士と迷い猫

作:樹川さとみ
イラスト:うたの
集英社(コバルト文庫)
2006.6
超個人的評価:★★★-☆☆

樹川さんのお話は、一気にがーっとハマるタイプではないんだけど安心して読める気がします。

使用人たちに囲まれて暮らす、偏屈な少年博士アレックス。
そんな彼が祖父の友人から森の動物に育てられた少女、リーを引き取ることになり巻き起こるドタバタ模様。

ぼさぼさの外見からリーが女の子だと気づかない鈍いアレックスとか。
実はとても頭がいいリーとかが読んでて楽しかった。

でも個人的にはリーが男の子の方がテンションがあがったかも……
とか思ってしまいました。
だからというワケではないですが〜
ねじまき博士と迷い猫 (コバルト文庫)ねじまき博士と迷い猫 (コバルト文庫)

集英社 2006-06
売り上げランキング : 377739

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

+close+

検索サイトなどから来られた方はコチラから入り口へ→