×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




      ポストガール

作:増子二郎
イラスト:GASHIN
メディアワークス(電撃文庫)
2002.6
超個人的評価:★★★★+☆

自宅の本棚整理のため再読中です。

その世界ではかつて大きな戦争があった。
人間は減り文明は疲弊し通信システムは破壊された。
そんな中、手紙の配達を目的として登場したのがメルクリウス。
伝令の神の名を借りた人型自律機械。
人に極めてよく似た外観と中身(自意識システム)を持ち、コミュニケーションに飢えたひとたちに手紙を届けるのが仕事としている。
この物語の主人公、MMF108−41。人間向けの通称はシルキー。少女の形をかたどったメリクリウスだ。
人々とのふれあいの中で、いつの間にか彼女の中にはバグが住み着いていた。
人間の感情をまねるだけだった自意識システムは、いつの間にかそれ以上の働きをするようになっていた。
まるで、彼女が本当に心を持っているかのように……
シルキーと、彼女に出会う人たちのやさしい連作短編集。

あらためて読むといいなあ(しんみり)
基本的に人外好き(妖怪幽霊ロボット含む)の私ですが、その中でも人外の自分は人間じゃないけれど……っていう葛藤によわいんですよね(と自己分析してみる)
人に近づいていくことに対するシルキーのとまどいとか、ちょっとずつ「人間らしく」なっていく成長の過程とかがとっても自然で、読んでいてひきこまれてしまいます。
また彼女の出会う人たちがいいんですよ。
ちょっと優しくて、悲しくて。
戦争後の世界という舞台設定もなかなか善いです。
オススメのシリーズです。

ポストガール (電撃文庫)ポストガール (電撃文庫)
増子 二郎 GASHIN

メディアワークス 2002-06
売り上げランキング : 112080

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

+close+

検索サイトなどから来られた方はコチラから入り口へ→