×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




      知ってる躰

作:水戸泉
イラスト:こうじま奈月
小学館(パレット文庫)
2006.8
超個人的評価:★★☆☆☆

この本はBL(ボーイズラブ)です。苦手な方もしくは言葉の意味がわからない方は見ない方が良いかもしれません。

舞台は戦後の混乱に揺れる横須賀の町。
朽木侯爵家次男の七緒は、かつて兄と慕った荏田史暁と再会した。
かつて本当の兄、壱也の友人として穏やかな時間を共有していた二人。
しかしそれは史暁の裏切りであっけなく幕を閉じた。
再び七緒の前に現れた史暁は薄笑いを浮かべて、七緒に自分の「女《になることを要求してきて……

なんていうかエロス。
ひさしぶりに濃い話を読んだなあという印象です。
逆にストーリーとかはふーんと思いながらすっごい客観的に読んでしまったのであんまり印象に残っていません。
執着系の攻と、本当は天真爛漫なんだけど時代にそうさせてもらえなかった受の話、というには七緒が途中から従順になりすぎているのが個人的には微妙かもしれない。
わたくし、本気で罵り合っているカップルが好きという困った人間なので。
どうせならもうちょっと憎しみ合っていてどろどろ愛憎劇になってくれた方が楽しかったかも。

ところで途中の史暁さんの「わたしの子を孕めばいい《というセリフにはつっこめばいいのか笑えばいいのかリアクションに困ってしまいました。
BLではたまに見かけるんですけどねー。
そんな魔法が存在する世界、__それがBLなのです。
(なんだこの無茶苦茶なまとめは)

知ってる躰 (パレット文庫)知ってる躰 (パレット文庫)
水戸 泉 こうじま 奈月

小学館 2006-06
売り上げランキング : 392351

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

+close+

検索サイトなどから来られた方はコチラから入り口へ→