×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




      踊るギムナジウム

作:森奈津子
徳間書店
2006.12
超個人的評価:★★★-☆☆

森さんの本を読むのはえらく久しぶりです。
むかーしまだ私が小学生くらいの頃、今はなきレモン文庫とかをむさぼり読んでいました。お嬢様シリーズとか。
いや、今となっては内容はほとんど覚えていないんですけど(悲)。

ええと、その後も彼女の存在は知っていたんですが、なんだか素敵に方向転換されていたので(帯に性愛とか百合なんて言葉が踊るような方向に)、手を出しかねておりました。

ちなみに本作はゲイ・コメディ集。

そこに手を出す自分もどうかとおもわなくもないです。

収録作品は
「魔女っ子ロージー〜男色どっきり大作戦!の巻」
かわいい魔女っこのロージーが居候先の少年の恋(相手は男の子)を応援?したり妨害したり。
「実験台のエレベーター〜カミングアウトのお作法とは?」
クラスの不良少年に突然告白された主人公。なぜか殺すぞと追いかけてくる彼から逃げる内に、彼とさらには学級委員と三人でエレベーターに閉じこめられて……
「マゾ界転生」
コールドスリープから目覚めた主人公。目覚めた未来の世界で彼は美形の青年型セクサロイド(しかも自称マゾヒスト)には迫られる。そしてさらに……
「踊るギムナジウム」
人妻と不倫をしていた王子。父王にばれた王子はお目付役の少年とともに惑星〈青薔薇〉のギムナジウムへと放り込まれる。そこは感情が高ぶると否応なしにミュージカル行動という、歌い踊って感情を表現するという不可解な文化が存在して……

うん。馬鹿話(注:褒め言葉)ばっかりでした。
魔女っこものとか耽美系とかBLとかをいい感じにパロディにしてるなーという感じ。
軽い気持ちで読むことをおすすめします。
ただパロディとしてはおもしろいんだけど、コメディとしては今ひとつかも。
すごく笑えるっていうものは私的にはありませんでした。
そういうワケで上の評価。
でも馬鹿馬鹿しい話は嫌いじゃないです(どっちやねん)

踊るギムナジウム踊るギムナジウム
森 奈津子

徳間書店 2006-12
売り上げランキング : 451402

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

+close+

検索サイトなどから来られた方はコチラから入り口へ→