×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




      セカンド・サイト

作・中野順一
文藝春秋
2003.5
超個人的評価:★★★-☆☆

キャバクラで働く主人公のタクト。
そんなタクトの気になる存在は新人キャストの花梨だ。
どうやら花梨は人の未来を予知する不思議な能力を持っているらしく……

なにがすごいって前に読んだ本とのジャンルのギャップが(笑)
うーん。
サントリーミステリー大賞受賞作らしいです。
個人的にはそこそこという感じでした。
似たような舞台設定の作品に五條瑛さんのシリーズがあるので、どうしても比べてしまったんですよね。
先にこっちを読んでればもう少し楽しめたかもしれません。
ひとつおもったのはいまいちキャラクター設定が中途半端だったかな、ということ。
タクトがもと挫折した音大生であるっていうのもいまいち生かされてなかったし。
不思議な力を持つ花梨の葛藤とかももうちょっと描いてもいいと思うんですよ。
ちょっと読む前に期待しすぎちゃったかな。


セカンド・サイトセカンド・サイト
中野 順一

文藝春秋 2003-05
売り上げランキング : 691631

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

+close+

検索サイトなどから来られた方はコチラから入り口へ→