×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




      空の境界 上

作:那須きのこ
イラスト:武内崇
2004.6
超個人的評価:★★☆☆☆

両儀家という特殊な家に生まれた少女、両儀式。
二年間の昏睡から冷めた彼女は実感としての記憶を失い、代わりにあらゆるモノの死を見る能力を手にした。
式を思う友人の黒桐や人形遣いの魔術師、橙子とほんの少しずつ関わりながら、闘いの中に身を委ねていく。
すべてを殺す、銀色のナイフをと殺人の”衝動”光らせて……

まず思ったのは長い。
(ノベルズでこの厚さで二段組み。二冊合わせてみたら京極堂と張った)
それから文章が読みづらい……
文章の好き嫌いが激しいのはもうちょっとなんとかならんかな(と自分につっこんでみる)
慣れるまでとっても時間がかかりました。

一時期とっても話題になっていたので、時間がたってから手に取ったのですが……(ひねくれもの)
ちょっと期待して読み過ぎたかも。
魔術の設定とか世界観がちょっと詭弁っぽいかなーという気がしました。
結局よく理解できなかったということもありますが(鳥頭)
あらすじとか解説に多様されている「伝綺」といことばの現すものが未だに上手く理解できていません。
難しい。

空の境界 上  (講談社ノベルス)空の境界 上 (講談社ノベルス)
奈須 きのこ

講談社 2004-06-08
売り上げランキング : 50469

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

+close+

検索サイトなどから来られた方はコチラから入り口へ→