×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




      ちょー美女と野獣

作:野梨原花南
イラスト:宮城とうこ
集英社(コバルト文庫)
1997.5
超個人的評価:★★★★☆

絶望の森の奥深く、魔法使いに獣にされた王子がひっそりと暮らしていた。
ある日狩りに来ていた近隣国の王を助けた獣。
王はその礼として、自分の娘の中で一番美しいダイヤモンドを獣に差し出した。
二人はやがて愛し合うようになり、愛の誓いをたてる。
とたんに見目麗しい王子へともどる獣。しかしそれに対して姫の放った一言は……
「信じらんなーーーい!」
なんと姫は獣フェチだったのです?!

王子を獣に戻すため魔法使いに逢いに、なんだかキナくさい王子の国へと向かう二人の冒険?が始まる。

なぜかいまさらちょーシリーズを再読。
私も昔集めていたんですけど、それは売ってしまっていました。
先日久しぶりに逢った友人と本の話をしていて、その子が捨てようか悩んでいると聞いてもらってしまいましたよ。
一巻から大量に。
ありがたや。ありがとうMちゃん。(いや見てないと思うけどさ)

しかしあらためて読むとおもしろいなー。
ダイヤちゃんの語り口が当時のコギャル風とか(むしろ今見るとあたらしい)
内容もギャグな上しっかりしているし(そういうのはなかなか貴重だと思います)
作者が後書きで「ちょー」という言葉の寿命を心配しているのがなんだか楽しいです。
「ちょー」は意外と生き残ってるよね。とかあんまり関係ないことをつぶやいてみる。

ちょー美女と野獣 (ちょーシリーズ) (コバルト文庫)ちょー美女と野獣 (ちょーシリーズ) (コバルト文庫)
野梨原 花南 宮城 とおこ

集英社 1997-04-25
売り上げランキング : 187592

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

+close+

検索サイトなどから来られた方はコチラから入り口へ→