×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




      夜のピクニック

作:恩田陸
新潮社(新潮社文庫)
2006.9
超個人的評価:★★★★+☆

「歩行祭」
それは北高伝統の、全校生徒が夜を徹して80キロを歩き通すという過酷なイベント。
どう考えても楽しいはずのないこの行事も、三年生にとっては最期の機会だった。
生徒たちはそれぞれの思い出、気持ちを胸にこの長い道のりに望む。
そんな中、貴子はこの歩行祭の中で自分自身と一つの賭けをしていた……
三年間誰にも言えなかった秘密を自ら精算するために。

久しぶりにおもしろい小説を読んだなという印象でした。
恩田さんは群像劇を描くのが本当に上手い。
たくさんの人がそれぞれの思惑を持って生きている。
それが一つの物語に収束していく様は読んでいて気持ちいいです。

物語の主人公は貴子なんだけど、その周りのキャラクターもすごく魅力的なんだな。
個人的には忍くんが好きでした。
いいよね、こういうポジションは主役級なのになんだか妙に不憫な子。

物語の中には時間が流れます。
それはどんな話でも当たり前のことなんだけど、それをこれほどまでに感じたお話は初めてです。
「歩行祭」という区切られた時間の中で、今はあっというまに思い出すことのできる過去になってゆく。
それがなんとも切なくて、心地よいのです。

まだ読んだことない方は読んでみても損はない本だと思います。

夜のピクニック (新潮文庫)夜のピクニック (新潮文庫)
恩田 陸

新潮社 2006-09
売り上げランキング : 4737

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

+close+

検索サイトなどから来られた方はコチラから入り口へ→