×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




      じょん平とぼくと2 じょん平と去っていった猫

作:大西科学
イラスト:銀八
ソフトバンク・クリエイティブ(GA文庫)
2006.12
超個人的評価:★★★-☆☆

春休み。相変わらず科学室で実験にふける重と使い魔のじょん平。
お昼ご飯から戻ってきた彼らが見つけたのは体操服姿の見知らぬ女の子だった。
彼女は一体誰なのか。
名前を聞くはずがなぜか向こうから聞かれてしまい、なんだかわからないうちに彼女を追っ手からかくまうことになってしまうが……

シリーズ第二作。
あいかわらずじょん平がかわいいなあと思いつつ読み進んでおりました。
評価が辛めなのは今回のストーリーが好みじゃなかったからです。
突然現れた女の子、双葉をかくまうために奮闘する彼らなのですが、そのかんじがなんとも嫌で。
女の子がやたらちやほやされるというか。都合がいい展開というか。
最後まで読むとその理由がわかるんですけどね。
わあ、なんて個人的な評価。
話としては普通におもしろかったと思うよ。

色々と事件の中で彼らの敵らしきものの影くらいは見えてきたかな?という展開です。
とりあえず続きを買うのか、今持ってる二冊を売るのかが目下の悩みです。
おもしろいんだけど……その基準で本を残していると部屋の床が心配なのです(泣)

ジョン平とぼくと2 ジョン平と去っていった猫 (GA文庫)ジョン平とぼくと2 ジョン平と去っていった猫 (GA文庫)
大西 科学 銀八

ソフトバンククリエイティブ 2006-12-14
売り上げランキング : 427222

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

+close+

検索サイトなどから来られた方はコチラから入り口へ→