×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




      ラベル〜すべては月曜日に始まった〜

作:小林フユヒ
イラスト:シマダマサコ
集英社(コバルト文庫)
2004.11
超個人的評価:★☆☆☆☆

あらすじによると無感動・無表情の主人公が謎の嫌がらせの数々にあい、その事件を解決そていく
奇怪痛快学園ミステリーらしい。

ごめんなさい。
私はぜんぜん痛快じゃなかったよ……
キャラターもなにやらありがちな上に中途半端。
そもそも話が主人公の一人称で進行していくのだが、その主人公もなんだか微妙でした。
ぜんぜん無表情無感動じゃないYO。
しかもなんだかなにがしたいのかよくわからないよ。
作者のやりたいこと(というか方向性?)はなんとなくわかる気はするんだけど……
ううむ。
キャラクターももっと作りこめばもっとおもしろくなると思うんだけどなあ。
(事件はありがちな上、キャラクター紹介をみて意外そうな人を選べばその人が犯人です。というかんじ)
動機もちょっとありえないしな。
文章も正直微妙だしな。
 
つっこみどころがいっぱいすぎてつっこむ気力もない。
ううーん。

ラベル―すべては月曜日に始まった (コバルト文庫)ラベル―すべては月曜日に始まった (コバルト文庫)
小林 フユヒ

集英社 2004-11
売り上げランキング : 1476788

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

+close+

検索サイトなどから来られた方はコチラから入り口へ→