×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




      カスピアン王子のつのぶえ

作:C.S.ルイス
訳:瀬田貞二
岩波書店(岩波少年文庫2102)
1985.10
超個人的評価:★★☆☆☆

んん。ものすごく途中ってかんじですね。
タイトルからてっきり毎回主人公が違うのかと思ったら、今回も4兄妹がメインの話でした。
個人的には彼らよりもカスピアン王の話の方にトキメイてしまう。
だって王子だよ。それも国を追われて、なおかつ異形のもの(古くからのナルニア国民)に親和性が高いせいで人々からバカにされちゃうんだよ。そしてテルマール人(いわゆる人間)より彼らを選ぶんだよ。うは。
でもやっぱり翻訳ものは苦手だな、と思いつつ。
一巻の方が好きでした。
なんだか前以上にアスランがなにをしたいのかわからなくて。
男の子たちが命がけで戦っている時に、女の子たちが安全に遊んでいるのにすごく抵抗があって。

3巻どうしようかな……
(なんせ朝びらき丸だしなーーもうちょっとなんか訳なかったんだろうか)
う〜ん

カスピアン王子のつのぶえ ナルニア国ものがたり (2)カスピアン王子のつのぶえ ナルニア国ものがたり (2)
瀬田 貞二

岩波書店 2000-06
売り上げランキング : 22798

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

+close+

検索サイトなどから来られた方はコチラから入り口へ→