×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




      蜘蛛の褥

作:沙野風結子
イラスト:奈良千春
プランタン出版(f-ラピス文庫)
2006.11
超個人的評価:★★★+☆☆

この本はBL(ボーイズラブ)です。苦手な方もしくは言葉の意味がわからない方は見ない方が良いかもしれません。

ややワーカホリック気味の検事、神谷。
彼は同棲の同僚(妻帯者)への恋心を隠したままさらに仕事に打ち込む毎日を送っている。
ある日、彼は高校時代の後輩、久隅と再会する。
高校時代も悪かった久隅は、背中に恐ろしい毒蜘蛛の刺青をまとう立派なヤクザになっていた。
ふとしたことから神谷の恋心をしった久隅は、強引に神谷の躰を要求してくる。
久隅との関係に溺れながらも、同僚への想いは捨てることのできない神谷だったが……

間に一冊はさみましたが、またBLでヤクザ×検事。
これは偶然なのか、はたまたこのカップリングが流行っているのか。
初f-ラピスだったんだけど、これまたERO増量系のレーベルっていう認識でいいんだろうか。
ビーボーイスラッシュみたいな。
じゃああの背表紙が銀色の薄いラピスはなんなんだろう。
BLもちょこっと離れているうちに知らないレーベルがいっぱいでていて大変です。
そういえば昔のラクガキ帳(ネタ帳)に「目指せBLマスター」の文字が。
マスターしようかな(遠い目)

内容に移りましょう。
芯はつよいのにどこか破滅思考の受(検事)となんだかんだいいながら受を愛してしまっている攻(ヤクザ)のお話。
楽しかった。
わりと早い段階で久隅は神谷への想いを自覚します。
逆に神谷は同僚への想いを一時忘れるために久隅を求めたりして。
結構どろどろです(嬉!!)
やっていることはかなり!!(ここ重要)めちゃくちゃですが、そこに愛があるので許せてしまう。
便利な言葉ね、愛。
今度は最後までヤクザ×検事でした。よかった。

えろすとBLが大丈夫な方は読んでみるのもいいかも。

蜘蛛の褥 (f‐ラピス文庫)蜘蛛の褥 (f‐ラピス文庫)
沙野 風結子 奈良 千春

プランタン出版 2006-10
売り上げランキング : 118595

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

+close+

検索サイトなどから来られた方はコチラから入り口へ→