×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




      舞姫通信

作:重松清
新潮社
1995.9
超個人的評価:★★★★-☆

入学式の数日後の朝、今年初めての舞姫通信が配られた。
数年前に自殺した生徒、通称・舞姫のことを通信は伝える。

空に踊る舞姫を、私たちは愛します
地に横たわる舞姫を、私たちは愛します

教え子に死なれた先輩教師は今なお罪悪感に苛まれている。
双子の兄弟に自殺され、取り残された主人公は半身の彼女と歪んだ関係を続けている。
恋人との心中に失敗した少年は生きることに疑問を感じている。

自殺
最近よく聞く言葉です。
そのせいか、この本も図書館で奧の書庫にしまわれていました。
重松氏の他の本はすべて開架にあるにもかかわらず、なぜかこの本だけ。
でもその図書館の判断は間違いだ。
この作品は「自殺」を書くことで「生きる」ことを描こうとしているんだと思う。
少なくとも生きていないと自殺なんかできないわけですからね。
うん。
なんだか上手く言えませんが。
一読をオススメします。
良い本です。

舞姫通信舞姫通信
重松 清

新潮社 1995-09
売り上げランキング : 820418

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

+close+

検索サイトなどから来られた方はコチラから入り口へ→