×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




      霧の日にはラノンが視える

作:縞田理理
イラスト:ねぎししょうこ
新書館(ウイングス文庫)
2003.7
超個人的評価:★★☆☆☆

うっかり古本屋でイラスト買いをしてしまいました。
う〜ん。
なんだろう。
いまいちキャラクターが好きになれず。
主人公のラムジーがうっとうしくて……お前いつのまにそんなにジャックさん命になったんだよ!!
ってツッコミをいれたい。
いや、犬的性格とかそういうレベルじゃないから。

話の筋としては、言い伝えの呪われた七番目の子として生まれたラムジーが呪いをとくため、おじさんの日記を頼りにロンドンにやってきて、妖精界「ラノン」の住人たちと出会う、というもの。そして、ラムジーはラノンを追われた王族、ジャックに出会い、本当の自分を見つける。

う〜ん。
初めてこういう妖精系のファンタジーを読んだならもうちょっとおもしろく読めたかなあ。
そういう意味でも少し中途半端?かも。
いや、なんか上手く言えないのですが。

霧の日にはラノンが視える (ウィングス文庫)
縞田 理理

新書館 2003-07
売り上げランキング : 378790

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

+close+

検索サイトなどから来られた方はコチラから入り口へ→