×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




      天と地の娘

作:篠田真由美
イラスト:羽原よしかづ
角川書店(角川ビーンズ文庫)
2003.2
超個人的評価:★★☆☆☆

最近読書記録をつけるのをさぼっていたので、いまいち内容が遠いです。

家族といまいち上手くいっていない女子高生、秋鹿(あいか)が実は根の国という異世界の姫の娘で、自分の世界にもどってごたごたするという話だった気がする。
実の父親は母親たちの国と敵対しているくにの王子的立場で、秋鹿も根の国の人々にはなかなか受け入れてもらえず……自分の居場所を得るために奮闘する和風ファンタジー。

いまいち秋鹿の性格に一貫性がないというか。
なんかあんまり共感できませんでした。
秋鹿は実は取り替え子なわけですが、だからといって預けられていた現実(だとそれまで信じていた世界)の家族があそこまで冷たいのはなんとなくなっとくがいかない。
母親だけならともかく、姉とか妹までひどく冷たいのはどうだろう。
なのに秋鹿が別れを惜しむのはなんだかなーってかんじてしまいました。

天と地の娘―根の国の物語〈1〉 (角川ビーンズ文庫)天と地の娘―根の国の物語〈1〉 (角川ビーンズ文庫)
篠田 真由美

角川書店 2003-01
売り上げランキング : 769575

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

+close+

検索サイトなどから来られた方はコチラから入り口へ→