×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




      ブルー・ブラッド〜復讐編

作:須加しのぶ
イラスト:梶原にき
集英社(コバルト文庫)
1997.3
超個人的評価:★★★+☆☆

ブルーブラッドの第2巻です。
火星都市の軍務大臣を務めるユージィン。今回の主人公は彼の副官、ユーベルメンシュ(強化人間)のエーリヒ。
順風満帆に見えるユージィンに襲いかかる数々の敵。
そして、暗く忍び寄る「ヘル」の影。
二人の野望への道は一体どうなってしまうのか。

前回彼らの敵(になってしまった)ヴィクトールの視点だったため、ちょっと戸惑ってしまいました。
ユージィンさんはいろいろな影や因縁にまみれていますね!!(喜)
それを案じるエーリヒとの関係も素敵だ。
父親のようにだって。ふふふ(妙な笑い)うん。でもその方が好きです。

双子のようにしてうまれてくるユーベルメンシュ。
前巻で仲のよかったエーリヒとマックスがそれぞれユージィンとヴィクトールの側についているのがとっても印象的でした。
アミータを挟んでの二人の関係も今回のみどころでしょう!!
わー。
ラストの決着は心の底に響きます。

これからもまだまだいろいろな愛憎劇が続くのでしょう。
楽しみです。

ブルー・ブラッド 復讐編 (ブルー・ブラッドシリーズ) (コバルト文庫)ブルー・ブラッド 復讐編 (ブルー・ブラッドシリーズ) (コバルト文庫)
須賀 しのぶ 梶原 にき

集英社 1997-03-01
売り上げランキング : 772723

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

+close+

検索サイトなどから来られた方はコチラから入り口へ→