×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




      百鬼解読

作:多田克己
イラスト:京極夏彦
講談社(講談社文庫)
2006.8
超個人的評価:★★☆☆☆

京極氏の名前に惹かれて手にした一冊。
驚いたことに京極氏はイラストでした。
いわゆる妖怪画。なかなか味のある絵でびっくりしました。
ちょっと残念なのは背景がことごとく写真なことでしょうか。雰囲気がぴったりしているものはいいけど、やっぱり浮いてるのが気になるものも多くて。どうせなら背景も描いて欲しかったなーとか思ってしまいました。
いや、大変なのはわかるんですけど……

内容は妖怪を一つずつとりあげて、文献をいくつか引きながら作者が考察を加えるというスタイル。
収録妖怪(なんか妙な呼び方ですが)にはメジャーなものからマイナーなものまで幅広いんですが、
資料の関係か、内容の密度にかなりの差が感じられます。

京極堂シリーズにでてきたものも結構でてきます。が、そこで引用されている資料がもろ同じなので、それは知ってるよ!!という気分になりました。

百鬼解読 (講談社文庫)百鬼解読 (講談社文庫)
多田 克己 京極 夏彦

講談社 2006-08-12
売り上げランキング : 180054

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

+close+

検索サイトなどから来られた方はコチラから入り口へ→