×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




      明日はマのつく風が吹く!

作:喬林知
イラスト:松本テマリ
角川書店(ビーンズ文庫)
2002.3
超個人的評価:★★★★-☆

元の世界に戻れなくなってから早四ヶ月。
眞魔国の自室で腐っていたユーリの元を一人の幼い少女が訪れた。
彼女はなんと魔王のご落胤、つまりは隠し子だと言うのだが……?
どさくさにまぎれてねんざをしてしまったユーリはコンラッド、ヴォルフラムさらには娘(?)を連れてヒルドヤード温泉街へと向かう。

まだ比較的路線はギャグなまるマ第4巻です。
とは言え、内容的に次につながる部分が結構あったりします。
トサ日記への前振りもばっちり。

なんていうか、ユーリの正義はすごくまっすぐで、青臭い感じもして、こう私的にはそんなの理想でしかだろ!!ってなるほんとぎりぎりのところでいいなあと思うのですよ。
わかりにくい表現ですが。うーん。
でもそれがこの話のいいところだと思います。

一方でそんな理想で無理をしようとするユーリを止めるコンラッドのかっこよさが際だつなあとか。
さらに一番おいしいとこを持って行くアニシナさんとか。

読んだのが遙か彼方すぎて記憶が曖昧になりつつあります。
こういうことがないようにしたいんだけどな……
現在の読書記録残数 2007年→8冊 2008年→11冊
涙がでそうです。しかも今やたらと本が読みたい週刊でして、どんどん山が高くなっていく……(遠い目)
がんばろう。

明日はマのつく風が吹く! (角川ビーンズ文庫)明日はマのつく風が吹く! (角川ビーンズ文庫)
喬林 知 松本 テマリ

角川書店 2002-02
売り上げランキング : 43868

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

+close+

検索サイトなどから来られた方はコチラから入り口へ→