×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




      いつかマのつく夕暮れに!

作:喬林知
イラスト:松本テマリ
角川書店(ビーンズ文庫)
2003.1
超個人的評価:★★★+☆☆

マスクド貴婦人、フリンに捕まりシマロン縦断中の渋谷(クルーソー)有利。
相棒の村田(ロビンソン)と共にピンチにもかかわらずギャグも健在だ。
ギュンターは相変わらずおキクのまま(ただし雪ギュンターと分離)だし長男は苦労人だしアニシナさんは絶好調。
三男は有利の後を追う。
気になる次男の安否は?
そして絶大な力を持つという「箱」の正体は……
謎の深まる、まるマ第6巻。

フリンに連れられて敵国縦断中の二人。
状況はなかなかに大変なのにイマイチ緊張感がないのはムラケンのおかげなのか。
「お前一体何者?」
の答えもそろそろ見えてきたかな。

フリンさんがいい感じに壊れてきた気がします。
領主である夫に先立たれ、女性はその地位をつげないから覆面を被って夫の愛した土地を守ってきた人。
でもその正体はすごく一生懸命だけど、どこか抜けているおじょうさんでさ。
きゅん。(何かのスイッチの入る音)

有利と再会したときのヴォルフが男前すぎてどうしよう。
おもわず次男から乗り換えてしまいそうな自分がいます。

いつかマのつく夕暮れに! (角川ビーンズ文庫)いつかマのつく夕暮れに! (角川ビーンズ文庫)
喬林 知 松本 テマリ

角川書店 2002-12
売り上げランキング : 69440

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

+close+

検索サイトなどから来られた方はコチラから入り口へ→