×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




      クリス・クロス~混沌の魔王

作:高畑京一郎
イラスト:きがわ琳
メディアワークス(電撃文庫)
1997.2
超個人的評価:★★+☆☆☆

MDB9000。通称”ギガント”
日本が総力をあげて開発されたスーパーコンピュータ。
その力を借りて実現したのが仮想現実型RPG「ダンジョントライアル《だ。
プレイヤーはカプセルの中に入り、この仮想現実の世界へと降り立つ。
その一般試写会に参加した主人公の「ゲイル《
ゲーム内で出逢った「シェイン《「リリス《とパーティを組み、ラスボスの「ギガント《に挑むためにゲームを進めていくが……

現実とゲームが交錯する、第一回電撃ゲーム小説大賞<金賞>受賞作。
そこはかとないコンピュータの万能感や、RPGのシナリオに時代を感じる一冊。
なんとなくなつかしいカンジがしたよ。
バーチャルリアリティにはなってないけどオンラインゲームの普及している今日この頃。
なんだか変な感じ。ある意味では実現しているんだよなあ…

キャラクターとか途中までの進行とか、ラスボスの正体とかは結構ありがちかもしれない。
こういう話を以前読んだことがある気がする。昔過ぎてタイトルも作者吊もなんにも覚えていないけど、ぼんやり。
ラストのプチ鬱な終わり方は意外と嫌いではありません。
ある意味で現代への問題提起ってとることもできるよね。
そんなことをつぶやきつつ今回は終わっておきます。

クリス・クロス―混沌の魔王 (電撃文庫)
高畑 京一郎 きがわ 琳

メディアワークス 1997-02
売り上げランキング : 133421

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

+close+

検索サイトなどから来られた方はコチラから入り口へ→