×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




      包帯クラブ

作:天童荒太
筑摩書房(ちくまプリマー文庫)
2006.2
超個人的評価:★★+☆☆☆

それぞれの理由で、どこか少しずつ傷ついている少年少女たち。
見えない傷口が血を流している。
その血を止めるために彼らは包帯クラブをつくった。
自分たちが傷ついた「場所」に包帯を巻き、血を止めるために。

すっごく繊細な話でした。
自分が傷ついた場所に包帯を巻く。
何の解決にもならない行為ですが、それによって癒されるものがある。

今の私には完全に共感することはできないけれども、わからないこともない。
もうちょっと早く、私が中学生くらいの頃に読みたかったかもしれません。
大人の世界がちょっとずつ見え初めて、それなのに自分はまだ子どもで。
そういう年齢の高校生たちのお話です。

ぶっちゃけうっとうしいんだよ!アンタらと思う瞬間もないでもなく……
なんだか時の流れを感じました。

包帯クラブ The Bandage Club (ちくまプリマー新書)包帯クラブ The Bandage Club (ちくまプリマー新書)
天童 荒太

筑摩書房 2006-02-07
売り上げランキング : 51900

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

+close+

検索サイトなどから来られた方はコチラから入り口へ→