×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




      闇の守り人

作:上橋菜穂子
新潮社(新潮文庫)
2007.7
超個人的評価:★★★★+☆

守人シリーズの第二弾です。

女用心棒のバルサはただ一人で故郷のカンバルに戻ることを決めた。
彼女の生まれた地であり、決して忘れる事の出来ない悲しみの詰まった土地へ。
暗い洞窟を進むうちに嫌でも思い知らされる、過去。バルサを守るの為に友を殺し続けた養父、ジグロへの思い。
そしていつの間にか、バルサは一つの壮大な儀式へと巻き込まれていく。

バルサが過去の傷口と向き合う本作。
一応このシリーズは児童文学な感じだけれども、これは大人に読んで欲しい気がします。
彼女の過去との対決のシーン(ネタバレになるといけないので詳しくは語りませんが)がものすごくいいです。
とても人間らしくて。
怒りは人間にとって重要なエネルギーだよね。

とりあえず早く3巻が文庫になるのを待っています。

闇の守り人 (新潮文庫)闇の守り人 (新潮文庫)
上橋 菜穂子

新潮社 2007-06
売り上げランキング : 102458

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

+close+

検索サイトなどから来られた方はコチラから入り口へ→