×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




      龍神の花嫁〜レッドスキップ〜

作:山本瑶
イラスト:街子マドカ
集英社(コバルト文庫)
2004.11
超個人的評価:★★+☆☆☆

異世界から異世界へスキップする(時空を超える)能力をもつフユウ。
彼らは依頼を受けて、異世界へ捜し物をしに行くことを生業としている。
そして、ごく普通の少女、小暮真央16歳。高校で風紀委員を務める真面目な少女だ。
自分の決めた時間から逸脱することにひどくおびえる真央の前に、一人の美しいフユウの少女が現れた。
彼女は真央に大切なものをかえして欲しいと言い出すのだが……

読んでからそれなりに日にちがたっているせいもあるでしょうが、不思議なほど頭の中に何も残っていません。
あれ?
この前に読んだ本のこととかはちゃんと覚えてるんだけどな。
特にひっかかりもなくさらっと読めたということでしょう。たぶん。

微妙にネタバレ的なひとりごと。未読の方には意味不明です。すいません。反転で。

一話の方の真央ちゃんが川を渡って異界の王子様の妻になる!!って決心したとき、えらくすっきり妹を捨てることを選んだのに驚きました。自分たちを捨てていった母親を憎んでいて、ああはならないぞって思っていたはずなのに。
妹ちゃんとのことももうちょっと書き込んで欲しかったかも。もっと妹との関係を修復不可能な感じにするとか。
その後、出て行くときの妹はえらくものわかりがよくて、そんな!!ってなってしまいました。いいの?お姉ちゃんまで出て行っちゃったらキミ天涯孤独だよ??




龍神の花嫁 レッドスキップ (レッドスキップシリーズ) (コバルト文庫)龍神の花嫁 レッドスキップ (レッドスキップシリーズ) (コバルト文庫)
山本 瑤 街子 マドカ

集英社 2004-11-02
売り上げランキング : 876248

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

+close+

検索サイトなどから来られた方はコチラから入り口へ→