×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




      ライオンボーイ〜消えた両親の謎

作者:ジズー・コーダー
訳:枝廣敦子
イラスト:天野喜孝
PHP研究所
2004.2
超個人的評価:★+☆☆☆☆

主人公、チャーリーは訳あってネコ語を話せる男の子。
研究者の両親と平和で幸せな日々を送っていた。
しかし、ある日チャーリーが家に帰ると両親が姿を消していた。
そこに現れたのは近所でも悪童と評判のラフィ。彼はチャーリーに両親からという手紙を渡し、一緒に来るように言う。
しかしそれはどう見ても偽の手紙で……
チャーリーは知恵を絞って、ラフィの手から逃げる。こうしてチャーリーのネコ、果てはライオンまで従えた大冒険が幕を開ける。

うーん。
ストーリーは悪くなかったと思う。
ネコ語を話せる男の子の冒険。船で密航したり。サーカス団に潜り込んだり。さらにはライオンをつれてオリエント急行に無賃乗車したり。波瀾万丈大スペクタクルなかんじで。
でもなぜか上手くストーリーにのっかれませんでした。
ぽんぽん進んでいく状況とチャーリーの感情に振り回されっぱなしになってしまいました。
やっぱり年なんでしょうかね(凹)

イラストカッコイイと思ったら天野さんでした。
ファイナルとかのキャラデザをしていた方。
児童書なのに児童書じゃないかんじでとっても好みの装丁でした。

ライオンボーイ 消えた両親の謎ライオンボーイ 消えた両親の謎
ジズー・コーダー

PHP研究所 2004-02-02
売り上げランキング : 386875

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

+close+

検索サイトなどから来られた方はコチラから入り口へ→